面貸し・シェアサロン・業務委託の違いとは?フリーランス美容師の働き方について

スタイリストとしてデビューし、固定客がついてきた美容師は、独立や転職を考える人も多いと思います。

  • 自分の力を試したい
  • 今より収入をあげたい!
  • より高待遇の勤務条件で働ける場所に勤めたい!

など理由は様々ですが、独立する人が多いのは美容業界の特徴といえるでしょう。

美容師の転職や独立の選択肢を考えると選択肢は次の3つに大別できます。

  1. 自分のサロンを持つ
  2. フリーランスとして働く
  3. 別のサロンの社員として務める

この中でも近年、特に増えてきているのが2の「フリーランスとして働く」です。

その背景には、美容業界も働き方が多様化してきており、社員ではなくフリーランス・個人事業主の美容師を受け入れるサロンが増えてきていることにあります。
(もちろん、1と3を選択する人もおられます。これは、良し悪しではなく、傾向だとお考えください。)

面貸しサロンとシェアサロン

「面貸しサロン」という言葉をご存知でしょうか。
「ミラーレンタル」とも呼ばれ、フリーランスの美容師がお客さんの施術のためにサロンから場所の一部(施術台1つなど)を借りることを面貸しと呼び、面貸しを行なっているサロンを「面貸しサロン」と言います。

面貸しサロンは昔からありますが、近年、面貸しサロンがさらに進化した「シェアサロン」という形も増えてきています。

特徴としては、

  • ルールや条件に縛られずに働くことができる
  • 業務委託に比べて高い収入を得られる可能性がある
  • 集客は自分で行わないといけない

といった点があり、「サロンのルールに縛られずに好きなように施術したい!」と考えている人にとっては最適な選択かもしれません。

フリーランス美容師の働き方は「面貸し」「シェアサロン」「業務委託」に分かれる

フリーランス美容師の働き方は「面貸し」「シェアサロン」「業務委託」に大別すると分かれます。
この違いは以下の点です。

面貸し・シェアサロン
サロンの施術場所を1箇所レンタルする。
集客は基本的に自分でおこなう。

業務委託
サロンと業務委託契約を結び、サロンに来店するお客さんの対応をする。
集客は、サロンが行う。

「個人事業主」としての色が強いのが面貸しやシェアサロン。
あくまで、「サロンスタッフの1人」になるのが業務委託。

と言えるでしょう。
ここも良し悪しは無く、どんな働き方をしたいかによって選択が変わります。

面貸しサロンについて

面貸しサロンは個人の色がより強く出ます。
サロンに縛られることが無いので、自由に働ける勤務形態と言えるでしょう。
その一方でリスクもあります。
メリットとリスクを把握しておくことが大切です。

メリット

・高単価なままで自身の顧客を対応出来る

・独立までの繋ぎで利用出来る

・正社員で働かなくても、自身の顧客を施術出来る

などが面貸しサロンのメリットです。

リスク

・高単価でないと受けてもらえない

・新規入客出来ないので、顧客は増えない

・顧客は1回2回は来てくれても、長い目で見ると確実に失客する

などは、面貸しサロンで考慮すべきリスクです。

特徴

面貸しサロンの特徴をまとめていきます。

集客について

面貸しで働く方は、自身で新規集客する方はほとんどいません。
目的はあくまで「自分の顧客」を対象に施術を行うからです。
ですので、新規の入客はほぼ無く、顧客のみを集客している方がほとんどです。

 

薬剤

カラーに使う薬剤は、サロン負担で用意をしてくれる所がほとんどです。
ただし、還元率が70%以上超えると、自己負担になる場合もあります。
もちろん、自身で用意したものを使ってもOKです。

 

価格設定

上限はなく、下限があります。
ベースの価格はサロンが決めており(例:カット5000円、カットカラー9000円など)これよりも高い価格に設定するのはOKです。
高単価サロンで勤務している方が顧客をつけて、面貸しでやることにより更なる収入を得ることが出来るのが面貸しサロンの特徴です。

 

予約管理

自身で行います。
自身の顧客と直接連絡を取り、日時やメニューなどを決めて面貸しサロンに行く日を決めます。

 

募集サロン

個人で経営している美容室が「余り席を面貸しで募集する」という形が多いようです。数年前までは、面貸し専門のサロンも多くありましたが、最近は減少傾向です。

理由としては、新規も入客しながら、自身の顧客は前サロンの価格に合わせ「面貸しのように対応する業務委託サロン」が増えてきたことが背景にあります。

 

面貸しサロンを利用する人の特徴

1.独立までの期間限定で利用する(1年以内に独立する人など)

2.サロンと掛け持ちで利用する人(面貸しでは自身の顧客、他サロンでは新規入客)
※同エリアでのサロンの掛け持ちはリスクがあり、サロンからNGが出る場合があります。

3.他業種との掛け持ち(美容師は辞めて、別業種の仕事についた方がずっと来てもらっている顧客を対応する為)

基本的には上記の3パターンが多いです。

 

還元率

スタイリストへの還元率は「①売上に対しての%」「②月極め」のどちらかです。
①の場合、売上の5070%還元というサロンが多く、平均すると60%前後になります。

②については、「月○○万円で場所を借りる。売上は100%還元」という形ですが、面貸しサロンで月極めをおこなうところはほとんど無くなっています。
これに変わるのが「シェアサロン」です。

面貸しサロンの特徴まとめ 内容
集客について 新規の入客はほぼ無く、顧客のみを集客している方がほとんど
薬剤 カラーに使う薬剤は、サロン負担で用意をしてくれる所がほとんどです。
ただし、還元率が70%以上超えると、自己負担になる場合もあります。
価格設定 上限はなく、下限があります。
予約管理 自身で行います。
募集サロン 数年前までは、面貸し専門のサロンも多くありましたが、最近は減少傾向です。
利用する人 1.独立までの期間限定で利用する
2.サロンと掛け持ちで利用する人
3.他業種との掛け持ち
還元率 1.売上に対しての%
2.月極め

シェアサロンについて

近年増加している「面貸しの月極制が進化したサロン」がシェアサロンです。
増加している背景には、SNSやアプリなどによって、自己ブランディングと自己集客が出来る時代になったことがあります。
自分でお客さんをみつける力を持ったインフルエンサー美容師を中心に需要が高まり、都心部から徐々に増えてきています。

シェアハウスなどと同じ発想で、1つのサロンを複数人でシェアすることからシェアサロンと呼ばれています。

メリット

・自己ブランディングにより、個人で美容師として働ける

・SNSで集客するスキルがあるなら、経費をかけずに自身の設定価格で仕事が出来る

個人にファンがついているスタイリストならシェアサロンでも継続できると思います。

リスク

・自己集客するスキルがないと、面貸し同様顧客は減っていく

・自己ブランディングを続けるノウハウや手法を勉強し続ける必要がある

時代の変化とともに、集客ツールやブランディングツールは変わります。
文章が写真になり、写真が動画になり、また新しいツールもこの先出てくることでしょう。
それらのことを学びながら、集客できるまでのブランディングのノウハウを構築し続ける時間が必要です。

 

シェアサロンの特徴

還元率

シェアサロンは、高い還元率が特徴です。
基本的には売上100%還元となります。(一部、80%や90%などもあります。)

サロンのレンタル方法は、

①時間制:30分500円~1000円などを支払いサロンの一席をレンタルする

②月額制:月○万円などで利用出来る

という2つが一般的です。

 

集客

基本的には自身の顧客がメインなのでサロンが集客するわけではありません。
ただし、シェアサロンを利用する美容師は自己集客をしている美容師が多いので、SNSやアプリ(インスタ、ミニモなど)を利用して、集客をしていきます。

集客が自己責任であることは、面貸しと変わりません。

 

薬剤

薬剤は自己負担です。
自身で使いたい薬剤を用意します。

自分で薬剤などを手配するのは管理が難しいので、大半の方はシェアサロンで販売しているものを購入し、使用しています。

 

価格設定

自由に設定することができます。
高単価でも低単価でもいくらでも自由です。

 

設備

ここ数年で増えているシェアサロンは半個室(完全個室も中にはある)、YUMEシャンプー(フラット式)、お洒落な内装など、最新の設備を完備しているサロンが多いです。

自身の顧客への案内だけではなく、Instagramなどからも集客しやすいように内装や設備が充実しているサロンが多いようです。

 

予約管理

多人数が利用するので、各自の自己管理にすると時間がバッティングする可能性があります。
そのため、専用の予約システム(アプリやホットペッパーなど)を使い、システムで管理されています。

 

シェアサロンを利用する人の特徴

自己集客が出来る方(SNSやアプリ、特にInstagram)

正社員や業務委託に縛られたくない美容師

などが利用する傾向にあります。
シェアサロン自体がまだ新しい形態なので、現状サロンの大半は東京にあります。

シェアサロンの特徴まとめ 内容
還元率 基本的には売上100%還元
集客 集客は自己責任
薬剤 薬剤は自己負担
価格設定 自由に設定することができます。
設備 お洒落な内装など、最新の設備を完備しているサロンが多い
予約管理 専用の予約システム(アプリやホットペッパーなど)を使い、システムで管理
シェアサロンを利用する人の特徴 1.自己集客が出来る方(SNSやアプリ、特にInstagram)
2.正社員や業務委託に縛られたくない美容師

面貸しやシェアサロンはどんな人にオススメの働き方か?

固定客がいる美容師

今のサロンから転職(場所が変わっても)しても来店してくれる関係のできている固定の顧客が見込める方には、オススメします。
お客さんがサロンではなく、個人に魅力を感じていれば転職(場所が変わっても)・独立してもすぐに集客に困ることは無いでしょう。

 

自由に働くことを大切にしたい人

サロンのルールや人間関係などに煩わしさを感じ、自分の好きなようにやりたいという方は、面貸しやシェアサロンが最適かもしれません。
業務委託の場合もある程度の自由はありますが、あくまでもサロンスタッフなので、ある程度のルールや縛りは出てきます。

個人のブランド作りから、勤務時間、施術方法や手順、接客などを自分で決めていけることは面貸しの魅力の一つです。

 

個人の力を試したい人

ここまで述べてきたように、面貸しやシェアサロンは「個人」の力量が強く出ます。
特にシェアサロンは、将来は自分のサロンを持ちたい!そのために自分の力を試したい!という人や、独立に向けて経験を積みたい!という人にとって、最小限に抑えて挑戦し経験を積むことは最適な選択肢かもしれません。

まとめ

美容師にもフリーランスという働き方が増えてきていますが、その形態は様々です。
フリーランスの中でも「面貸しサロンが向いている人」もいれば「業務委託が向いている人」もいます。

その違いは、

  • どこを目指して仕事をしているか?
  • 働く上で大切にしていることはなにか?
  • なぜ転職をかんがえているのか?

など、個人の価値観にも左右されます。

転職を考えている方は、まずは情報収集をしながら相談できる相手をきちんと見つけておくことが大切になるでしょう。

本サイトを運営しているキレイビズにも面貸しサロンやシェアサロン、業務委託サロンについてたくさんの情報が集まっています。
もし、フリーランスとして転職を考えたときに、「リアルなサロンの情報がほしい」と感じた方は是非、一度ご相談ください。

キレイビズへのお問い合わせは下記フォームよりお気軽にどうぞ。追って担当者よりご連絡させていただきます。
印は入力必須項目です。お電話でのお問合せはこちらからどうぞ 0120-431-866
お名前
フリガナ
電話番号(携帯可) - -
メールアドレス
問い合わせ種類
問い合わせ内容

kireibiz

ABOUTこの記事をかいた人

yamamoto-hiroaki

大阪生まれ、趣味は映画鑑賞 日本全国を担当していて美容業界に精通しています。 特に業務委託の美容室、大手サロンを担当することが多く、豊富な情報量は誰にも負けない自信があります。 キャリアのあるスタイリストの方を対応することが多く、その方の将来の目標や働き方に合わせてサロンをご案内することを得意としています。