アイリストに転職したい人必見!理想の求人を見つける方法

美容業界で急成長中の職種であるアイリスト。

まつげエクステやまつげパーマ(カール)は、今では女性にとって欠かせないサービスになりつつあります。

ニーズの高まりに伴ってアイリストの求人が増え、最近では美容師がアイリストに転職することも多いようです。

今回は、アイリストの仕事内容や特長、アイリストの求人を探す際におすすめの求人サイトを紹介します。

アイリストに転職・就職を考えている方は、是非参考にしてみて下さい。

 

求人が多いアイリスト!仕事内容と特長を紹介

まつげ美容は、美容業界の中でも急成長中の職種で、求人がたくさん出ているのが現状です。

アイリストは、未経験でも美容師免許さえあればなることができる、転職・就職しやすい職業と言えます。

しかし、アイリストを目指すには仕事内容や労働条件を知っておく必要があります。

ここではアイリストの仕事内容や労働条件などを詳しく紹介していきます。

 

「美容師免許」があればアイリストに転職できる

8144c5e77c31ac3f38eace4c99544569_s

アイリストとして働き、まつげエクステ等の施術をするならば、国家資格である「美容師免許」を取得することが必要になります。

逆に言えば、美容師免許さえあればアイリストになれるので、美容師からアイリストへの転職は比較的簡単です。

手荒れなどが原因で美容師を辞めざるを得なくなった方などが、美容師免許を生かしてアイリストに転職することがよくあります。

しかし、いくら美容師免許を持っていても、アイリストになるためにはまつ毛専門の知識や技術が必要です。

まつ毛ケアのプロであるアイリストは、お客様の目元に薬剤を使うこともあるため、施術をするためには技術を専門的に学ぶ必要があり、3ヶ月ほどの研修期間が必要だと言われています。

最近ではアイリスト養成のための専門スクールなど、まつ毛のエクステやパーマについて徹底的に学べる場所もあるので、即戦力として活躍したい方にはスクールに通うのもおすすめです。

 

カウンセリングと集中力が命!アイリストの仕事内容とは

アイリストは、人工的にまつ毛を植毛する「まつ毛エクステ」や、薬剤を使ってまつ毛をカールさせる「まつ毛パーマ(カール)」の施術を主に行います。

まつ毛の悩みは人それぞれなので、丁寧なカウンセリングを行った上で、どのようなケアをするのか決定します。

e3c9afb8fa0c923ce7c1e03647d69b68_s

施術自体は、集中力が必要になる地道な作業を、丁寧かつスピーディーに行う必要があります。

手先が器用で、集中力がある人におすすめの職業です。

アイリストが、一般的にサロンで行う仕事内容は、

  • カウンセリング
  • まつ毛エクステ・まつ毛パーマ(カール)等の施術
  • 店舗の清掃
  • ダイレクトメール発送などの集客活動

となります。

 

人手不足で優遇される!アイリストの労働条件

アイリストという職業は、まつ毛エクステやまつ毛パーマ(カール)の流行をきっかけに生まれた、比較的新しい職業です。

現在進行形で市場が開拓されているので、アイリストが足りておらず、求人が好条件で出ているのが現状と言えます。

また、美容師のように終業後のレッスンもほとんどないため、時間に余裕がない方でも十分に稼げる可能性が高い仕事です。

 

給料

7575d4ea49fd6bf6fd8d019579372513_s

正社員の給料は、初任給平均18万円からのスタートで、美容師に比べると高いことが多いようです。

特に経験者の方は給料面の条件が良く、月給22〜25万円が相場となっています。

また、経験やインセンティブに応じて給料がアップするので、「マネージャー」や「チーフ」に昇格すれば、月給30万円以上の収入も見込めます。

 

勤務時間

0a11264cada05ddfc5e1ac8a015056aa_s

勤務時間は、10時から21時までのシフト制がベーシックです。

フルタイムのところもありますが、早番遅番を設けているところが多く、よりプライベートを充実させやすくなっています。

 

休暇

23a98d0398262f6fbdacf6a7974f7f0b_s

アイリストの仕事は接客業なので、美容室などと同様に土日祝日が稼ぎ時です。

よって、休暇は平日になることがほとんどですが、月に8日ほど休みというサロンが多いです。

プライベートを充実させたい方にとっては、月に8日しっかり休めるのは魅力の一つと言えます。

その中で希望休を3日前後取得できるサロンが多く、月1〜2日であれば土日も休めるサロンもあるので、そこはアイリストの大きな魅力の1つです。

 

アイリストは独立しやすい

アイリストの魅力の一つとして「独立しやすい」ということがあります。

極端な話、施術に必要な道具とベッドさえあれば、サロンを開業することができます。

もちろん快適なサロンにするために、空間デザインなどをこだわれば費用がかかりますが、それでも他の業種とくらべたら初期費用が安くすみます。

商品の原価率が低いので、集客をうまく行えば短期間で初期費用をカバーできるだけの収益を望めるでしょう。

ただし、アイラッシュサロンがどんどん増えてきているのが現状で、集客することが簡単ではなくなってきています。

また個人店として独立すると、スタッフの採用面でも大変です。

独立はしやすいですが、長くお店を続けるための努力や工夫は当然必要になります。

 

アイリストの転職は、求人サイトの活用がおすすめ

アイリストに転職・就職をお考えの方は、求人サイトの活用がおすすめです。

サロンによって給料や労働条件が異なるので、自分だけでサロンを探すのはなかなか難しいと思います。

美容業界に特化した求人サイトには、アイリストに転職・就職する時に知っておいた方が良い情報が載っています。

身近なところで探す前に、求人サイトの情報を確認しておきましょう。

ここでは、アイリストの求人を探すのにおすすめのサイトを紹介します。

 

キレイビズ

1

はじめに紹介するのが本サイトを運営する求人サイトで恐縮ですが、関西圏でアイリストの求人を探している方には、キレイビズの利用をおすすめします。

大阪・神戸・京都を中心に関西圏でのアイリストの求人掲載サロン数は500以上(2016年10月現在)で、関西でアイリストの求人が最も集まるサイトといえます。

また、キレイビズは、業界の情報に精通したアドバイザーが、採用が決定するまで徹底的にサポートするのが最大の魅力です。

休日や給料などの労働条件はもちろん、サロンの雰囲気やレッスンの仕組みなど、無料相談会で相談できます。

利用者の方にとって最適なサロンを見つけるお手伝いをしています。

さらにキレイビズを通して採用が決まった場合、お祝い金を最大で10万円支給してくれるので利用して損はないでしょう。

キレイビズの公式HPはこちらから

 

リジョブ

7

出典:リジョブ公式HP

リジョブは、全国的に美容関係の求人情報を掲載している求人サイトです。

アイリストに関しても、全国の求人情報が網羅されています。

アイリストの求人掲載サロン数は全国で1800以上(2016年10月現在)。

業界や業種に特化した求人・転職情報サイトなので、経験者や資格保有者の比率が高いのが特徴です。

その名の通り、転職にフォーカスした求人情報やコンテンツの提供に特化しており、読み応えがある記事が頻繁に更新されています。

リジョブを通して採用が決まった場合には、採用祝い金として最大1万円が支給されます。

リジョブの公式HPはこちらから

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

アイリストは、美容免許を持っている方にとっては転職・就職しやすく、労働条件がいい職種といえるでしょう。

集中力があって手先が器用な方や、美容師を辞めてしまったが美容師免許を活かした仕事がしたい方には、アイリストという仕事がおすすめです。

アイリストに転職・就職を考えている方は、この記事で紹介している情報を参考にしてみて下さい。

kireibiz