美容師のスタイリストとは?仕事内容や給料、デビューまでの期間や道のりを解説!

美容師は一般的に、アシスタントとして見習い期間に経験を積み、一人前になればスタイリストデビューを果たすことができます。
また、スタイリストの中にもトップスタイリストやクリエイターなど上のポジションが存在し、スキルと経験によってキャリアアップを目指すことが可能です。

本記事では、スタイリストの仕事内容や給料、スタイリストになるまでの期間や道のりについて解説します。

美容師のスタイリストとは

スタイリストは美容師の中でも、シャンプー・カット・カラー・パーマ・ヘアセットなどお客様への施術を一通り担当する人のことです。

美容師は一般的にアシスタントというポジションからスタートします。
美容師見習いであるアシスタントは掃除や片付け、接客対応などのサポート業務がメイン。徐々にカラーリングの用意やシャンプーなどを任されていき、美容師としてのスキルが認められれば、スタイリストデビューすることができます。

スタイリストは、お客様へのサービスを最初から最後まで担当する実力のある美容師がなれるポジションです。

スタイリストの種類・ランク

サロンによっては、スタイリストの技術レベルに応じた細かいランクが用意されています。
基準や名称などはサロンごとに異なりますが、主に以下のような種類があります。

  • Jr.スタイリスト
    ある程度のカットやカラーができる美容師
  • スタイリスト
    上記に加えパーマやヘアセットなど一通りの施術ができる美容師
  • トップスタイリスト
    指名数が多い、経験年数が長い、多様なヘアセットニーズに応えることができるなど実力のある美容師
  • チーフ・マネージャー・ディレクター・アートディレクターなど
    サロンの方向性に関する意思決定をする、お客様の美容に関するトータルアドバイスを行うことができる、スタイリストに指示を出すなどの役割を担う美容師

スタイリストの仕事内容

スタイリストの仕事内容は、お客様への接客業務からヘアスタイルに関するサービスの提供まで多岐にわたります。

スタイリストの仕事 内容
カウンセリング お客様の施術の希望や髪の状態をヒアリング・チェックします。
希望の髪型やカラー、髪に関するお悩み、髪質、薬剤に対するアレルギー体質などの情報を元に、お客様ごとに最適な施術内容を決定します。
シャンプー カット前または後に、髪の汚れや頭皮の皮脂・老廃物を落とします。
また、カラーリング後に染料を落とすために行います。
基本的には、ブラッシング→予洗い→シャンプー→すすぎ→トリートメント→すすぎ→タオルドライの手順です。
途中やシャンプーの後、ヘッドマッサージを行うサロンもあります。
カッティング ハサミでお客様の髪をカットします。
髪質や毛量、髪の生え癖や頭の形などに考慮しつつ、全体のバランスをチェックしながら希望の髪型に仕上げます。
前髪カットなど部分的なカッティングのみ行う場合もあります。
カラーリング カラー剤を塗布し、髪を染色します。
カウンセリングでヒアリングした要望に合わせた色になるようにカラー剤を配合し、素早く均一に塗ることが大切です。
希望のカラー・明るさによっては脱色を行う場合もあります。
ワインディング ウェーブの髪型を希望されているお客様に対し、ロッドを髪に巻き、必要に応じてパーマをかけます。パーマのかかり具合を決定する時間の管理やロッドの大きさ・形がポイントです。
デジタルパーマや水パーマなどの種類があります。
トリートメント 髪や頭皮にトリートメント剤を塗布し、健康な状態の髪質になるようケアします。
サロンによっては、複数のトリートメント剤からお客様の希望に合わせて選んでいただいたり、ヘアスチーマーなどを用いてトリートメント剤を浸透させたりもします。
ブロー・ヘアセット ひと通りの施術が終わったら、髪をブローしてセットを行います。この後の予定を聞いて、それに合わせて綺麗にセットしたりルーズにまとめたり可愛くアレンジをするまでが美容師の仕事です。
カールやアップスタイルなどを作る「セッティング」とハンドドライヤーとブラシでおこなう「ブロードライ・スタイリング」の2種類があります。

上記施術のほか、アシスタントの教育や材料管理など、サロンの重要な業務も任されていきます。
また、メイクやエステ、まつげエクステやネイル、着付けなどヘアスタイル以外のメニュー提供の有無はサロンによって異なります。

スタイリストの給料・年収

スタイリストの平均月給は約25〜29万円、平均年収は約300〜350万円です。
※当メディアを運営する美容業界の求人サイト『キレイビズ』に掲載されているサロンのデータを元に算出しています。

スタイリストの給料に関しては、基本給+歩合給の給与システムを導入しているサロンが多く、美容師のスキルレベルによって給料に差が出るようになってきます。

また、歩合が発生する条件を設けているサロンもあります。
例えば、一定のノルマを超えた場合に歩合が発生する場合、「売り上げが○○万円を超えた分の○%を歩合給とする」などの取り決めが勤務条件の中に入っています。
あるいは、売り上げに対して歩合の還元率が決まっている場合もあり、5〜45%などサロンによって大きく異なります。

スタイリストの給料アップを目指す方法

勤務先のサロンにトップスタイリストやチーフ、マネージャーやディレクターなどスタイリスト以上のポジションが用意されている場合は、まずは昇格を目指しましょう。
待遇がよくなり、自由度も高くなります。

昇格のためには、日々の練習や先輩からの学習、セミナーへの参加などにより技術や知識を向上させていく努力が必要です。
また、身だしなみや話術、お客様に合わせたスタイル提案を意識し、指名される人気の美容師になることで、昇格を目指すことができます。

また、働き方や職場を変えることで給料アップにつながる場合もあります。
例えば、フリーランス美容師として歩合制の比率が高い報酬体制で働けば、指名や追加メニュー、入客数によって給料を上げやすくなります。
あるいは同じスタイリストというポジションでも、より高待遇のサロンや還元率の高いサロンに転職する方法もありますよ。

【関連】美容師の給料を調査!アシスタント・スタイリスト・オーナーなど役職別の年収や収入アップの方法も解説

スタイリストになるには?

アシスタント期間に経験を積んで一人前になり、お客様のカットやカラーを一人で担当できるようになればスタイリストとしてデビューできます。

アシスタントは、最初簡単なサポート業務から美容師の仕事に慣れていき、各技術試験に合格することで徐々に担当業務やお客様へ施術できるサービスの範囲が増えていくのが一般的です。

▼技術試験の例

  • シャンプーテスト
  • マッサージテスト
  • カラー塗布、配合テスト
  • ブロー、スタイリングテスト
  • カッティング基本テスト
  • カッティング応用テスト
  • ヘアセッティングテスト
  • カットモデルへの施術トータルテスト など

技術試験の項目や実施頻度、審査基準はサロンによって異なります。
技術力やスピード、再現性に加え、センスやトレンド性、コミュニケーション能力や接客技術などが評価されるケースも。
サロンのオーナーやマネージャー、トップスタイリストなど、1人または複数人の先輩や上司から審査を受けます。

また、上記の技術試験の基準をクリアするだけでなく、研修カリキュラムの終了や施術人数が昇格の条件とされる場合もあるようです。

スタイリストデビューまでの期間

スタイリストになるまでにかかる期間はサロンによって異なりますが、早くて1年〜2年、平均3年前後、長くて5年以上です。

スタイリストデビューまでの期間を短縮するために、研修制度やカリキュラムを用意しているサロンも存在します。

まとめ

今回はスタイリストの仕事や待遇についてお伝えしました。

アシスタント期間を経てスタイリストデビューした後は、経験を積みながらスキルを磨き、トップスタイリストやディレクターなど上のポジションへの昇格を目指してみてください。
給料アップだけでなく、フリーランス美容師になる、独立開業してサロンオーナーになるなど、希望に合わせて働き方の選択肢が広がりますよ。

【関連】業務委託サロンとは?稼げない?美容師のメリット・デメリットや注意点を解説

当サイトを運営するキレイビズでは、理想の美容室探しのためになる情報を提供し、全国を対象に美容室探しのお手伝いをしています。
業界事情や美容室の特徴を熟知した担当者がお話をうかがいますので、まずはお気軽にご相談下さいませ。

kireibiz