大注目のアイブロウサロン「BIEWS(ビューズ)」の魅力とは?

美容師、アイリスト以外にもまだあった、免許を活かす仕事「アイブロウスタイリスト」。アイブロウ専門サロン「ビューズ」でアイブロウスタイリストの魅力を伺いました!

眉は“顔の額縁”と例えられるほど、顔全体の印象を決める重要なパーツ。

だからこそ、眉もヘアサロン同様プロフェッショナルに任せて、自分にぴったりのスタイルを見つけてほしい・・・ビューズはそんな願いから誕生したアイブロウ専門サロンです。

今回は「ビューズ大丸梅田店」にて取材を行いました。

専門技術が学べる!アイブロウスタイリストがやりがいを持って働ける「ビューズ」の魅力とは?

まず、事業ディレクターの中坪さんに、サロンの特長、目指すこと、スタッフ教育について伺いました。

Q ビューズのサロンの特長は?

中坪さん:ビューズはアイブロウケアを柱としたビューティサービスを行うサロンです。ビューズの提案するアイブロウケアはフリーハンドで一人一人の骨格に沿って、且つ産毛を活かして形を整えるのでとても自然な仕上がりなのが特長です。しかも、施術時間も短く、新規のお客様で25分、リピーターの方は15分なので、気軽に通える身近なサロンとして、女性だけでなく、男性にも好評です。

Q:ビューズが目指していることは?

中坪さん:「眉を整えるのは、オシャレだけではなく、身だしなみ」これが当たり前と思う世の中にすることがビューズの使命だと考えております。しかし現状は、アイブロウを専門家に整えてもらう習慣は世の中にはまだ根付いていない状況です。だからこそ、市場拡大が期待できる分野であり、ビューズがその先駆者になることを目指しています。

アイブロウスタイリストも同じで、眉毛のプロフェッショナルとしての職業認知はまだありませんが、眉毛を整える事でお客様の印象が変わり、お客様の意識まで変える事ができる。ビューズから眉のプロフェッショナルのお仕事のすばらしさを発信したいと思っています。働くスタッフにはその先駆者となってもらいたいです。

Q:スタッフ教育について教えてください。

中坪さん:入社後の研修は15日間です。まずは、ピアスグループの集合研修3日間で、店舗で接客する上での基本を習得します。その後、ビューズのブランド研修を12日間行います。美容知識の座学から施術に必要な技術はもちろん、接客など社会人の基礎からしっかり学べるカリキュラムです。アイブロウの技術習得は、簡単ではありません。

実務の前に人数を経験することが重要ですので、技術研修では、社内モデルを募集し、人数をこなして経験を積んでから店頭配属となります。そのため、アイブロウ施術未経験者の方でも安心して接客することができます。また、店舗配属直後から1ヵ月間は、店長と同じシフトで勤務していただく事でOJTを強化し不安を払拭する体制を整えています。その後も、他店舗のスタッフと一緒に研修を受けることができるフォロー研修制度もあります。実務で活かせる知識や良い技術を間近で見ることができ、スキルアップができます。

そんな、アイブロウ専門サロンビューズで働く魅力を、自身も美容師から転身した氏家店長に伺いました。

Q:何故、ビューズを選んだのですか?

氏家さん:美容関連の仕事に就きたいと考えていて、一度美容室に就職しました。でも、メイク関連がやりたくなって・・・美容師免許も活かしたいと思っていました。そんな時、眉毛専門サロンがあることを知りました。その中でも、ビューズの施術は、シェーバーとツイザーを使って整える施術内容で美容師免許も活かせますし、メイクメニューもあること、更に後押ししたのは、大手ピアスグループなので研修が充実しており、技術が磨けること。あとは、休憩もしっかり取れますし、月8日の公休に加え有休も取れることも決め手となりました。

氏家さん:毎日たくさんのお客様が来店されるので、正直、忙しいです。毎日ご予約をいただいて、こんなに需要があるのだと驚きました。そして、ビューズに入って眉毛の勉強をして奥深さを実感しています。日々勉強と反省の繰り返しです。

Q:仕事のやりがいはどんな時に感じますか?

氏家さん:施術後お客様の表情が明るくなって、喜ばれるととてもやりがいを感じます。お客様からリピート頂けたときは本当に嬉しいです。あとは、仕事をどんどん任せてもらえることです。私自身も入社後、まもなく店長をやらせてもらうことになりました。がんばって短期間で技術習得した甲斐がありました。私だけでなく、がんばって結果を出している人は、勤続年数が短いスタッフでも店長やサブ店長に抜擢されたスタッフもいます。

Q:働きやすさは?

氏家さん:ビューズのスタッフは、どの店舗もびっくりするぐらい仲が良いので、人間関係で悩んだことはありません。また、変形シフト制といって、9:30~21:00の間で1日5~9.5時間の勤務でシフトが組まれます。遅いときの出勤が15時半ということもあります。そういうときは、仕事前にサロンなど用事を済ませることも出来ますし、退勤が早い日は、夜や休日に混む歯医者や人気のお店、ネイルサロンなど当日の思いつきで行くこともできます。時間を有意義に使えるところがいいです。

まとめ

今回はアイブロウ専門サロン「ビューズ」を紹介しました。メリハリをつけた変形シフト制、キャリアアップが早いなどやりがいのある環境です。

アイブロウサロンの認知はまだ低いですが、アイブロウのニーズの高さから、今後飛躍的に伸びていく可能性を感じました。色々なかたちで長く美容業界に携わることができるので、お勧めのサロンです。

kireibiz