アイリスト未経験者が転職・転職活動で成功するためのポイントと注意点

まつ毛エクステの施術を専門とする「アイリスト」への就職が近年増えています。

アイリストになるために必要な資格は「美容師免許」のみ。
美容師のアシスタントやスタイリストをしていたという方はすでに免許を持っているので、技術さえ覚えてしまえば、ひとまず売上をたてていくことができます。

未経験の美容師がアシスタントからスタイリストになるためには、早くて2年、平均3年ほどの時間がかかるのに対し、アイリストの場合、早い方だと3ヶ月前後でデビュー可能です。(もちろん、デビューをした後もお客様に満足してもらうためにはスキルの向上が不可欠ですよ。)

美容師ほど覚えることが多く無いので、練習を積めば短い期間でも技術を習得できることがアイリストが増えている理由の1つでしょう。
そこで、今回の記事では「未経験者でアイリストを目指している方」へ向けて、いくつか就職・転職時の注意点をお話していきたいと思います。
これからアイリストになりたいという方は参考にしてもらえればと思います。

未経験者がデビューするまでの道のりは大きく2つ

当たり前の話ですが、現場に出るためには技術が必要です。
技術の習得には、サロンが行っている研修カリキュラムを受講し経験を積むことが必要になってきます。

未経験者OKのサロンに就職し技術を身に着ける

未経験者OKと出しているサロンをまずは探すことをオススメします。
未経験者でも「サロンのやり方やスタイルを0から教えることが出来る」というメリットがあるため、研修期間を設け教育に力を入れているアイラッシュサロンも少なくありません。
特に多店舗展開をしているような比較的大きな企業だと研修制度が整っている場合もあるので、未経験者にはオススメできる就職先の1つです。

自身でスクールに通い技術を身に着ける

スクールに通い技術を身につける方法もあります。
独立する前に今の仕事と平行しながらスクールに通うという場合です。

ただし、スクールの通ったとしても、サロンワークに経験が無いことには変わり無いので「未経験者扱い」でのスタートになります。

未経験でも就職可能なサロンとは?

「未経験者OK!」「未経験者積極採用!」というアイラッシュサロンはキレイビズに掲載している情報の中でも多数あり、まずは、このようなサロンに就職することをオススメします。

いざ、サロンを探す場合はサロン側の受け入れ体制について事前に情報を集めましょう。

就職・転職活動時に確認しておくこと

確認しておくべきこととしては、
・研修期間中の給料は発生するのか。しないのか。
・研修期間はどのくらいなのか。
・研修終了後はどのような待遇になるのか。
・研修中のカリキュラム
・モデル集めはサロンサポートがあるか(必須ではありませんが、念のため確認しておくと良いでしょう)
などです。

これらの項目は、サロン側から説明をしてくれることが大半ですが、後々のトラブルにならないためにも自身でも確認は必要です。

また、アイラッシュサロンの場合、お客様を個室に近い空間で接客していることから「事前見学は不可」というサロンも少なくありません。
その場合、店舗の雰囲気を写真などから判断することになります。

パートタイムの仕事を希望する場合は注意が必要です

美容師では、アシスタントでもパートタイムで働く方が増えています。
1人のお客さんを複数のスタッフが担当することが可能なので、業務を分担して一人一人の負担を減らし、フォローし合う仕組みを整えているサロンはパートの受け入れに積極的です。

一方、アイリストになると基本的には1人のお客さんを初めから終わりまで1人で担当することになります。
カウンセリングを除くと、施術の一部を他の人がフォローすることは難しく、時間的な拘束も長くなります。
そのため、1日の入客時間が限られるパートタイムでの働き方は、美容師に比べるとまだまだ整備されていません。

特に、未経験者の場合、戦力になるまで時間がかかると予想されるので、未経験者をパートタイムで受け入れているサロンは少数で狭き門です。
未経験でありながら、どうしてもパートタイムでアイリストとして働きたい方は、自身の条件の妥協を検討することも必要になってきます。

特に、「土日の出勤可能」になれば、未経験でもOKというサロンは多少増えます。
ある程度の技術を身につけ、一通り施術が出来るようになるまでの数ヶ月間だけでも良いので条件面を考えることも理想の転職には必要になってきます。

転職後すぐ現場に出れる訳ではありません!

いくら技術の習得がシンプルだと言っても一朝一夕で身に付くものではありません。
数ヶ月の基礎期間が終われば一応はデビューですが、そこから自身のお客さんをつけてサロンに貢献できるよう育つまでには更に時間が必要です。

最近は減りつつありますが、「入客できるようになるまでは無給の研修扱い」という条件のサロンもあったりします。
この条件を推奨する訳ではありませんが、サロンの立場になると確かに売上が立てれないスタッフへの給料は重たい経費の一部ということも覚えておいてください。

転職活動の時期も重要です

未経験者OKのサロンでも、「時期によっては受け入れていない」ということもあります。
特に、4月が近くなると新卒生の入社が決まってくる兼ね合いで未経験者OKの募集枠が埋まり、選べるサロンが減る傾向にあります。

未経験者でアイラッシュサロンに就職したい場合は、サロン探しの期間に余裕を持って行動しましょう。

まとめ

未経験者がアイリストとして働く場合に何に注意する必要があるか?というテーマでまとめていきました。

まとめると、
・研修期間があり、すぐに現場に出れる訳では無い。
・技術を身に着けるにはサロンで学ぶか、個人でスクールに通うことなどが必要。
・未経験者OKのサロンも多数ある。ただし、時期によって数は変動する可能性がある。
・パートタイムでの働き方を希望される場合は、条件によっては数が少なくなる。
ということを書いていきました。

就職・転職活動を成功させるためには、事前の情報収集が不可欠です。
いかに、有益な情報を集められるかで、条件に合ったサロンと出会える確率は大きく変わります。

また、未経験で働く場合、何よりも「本気で技術を身につけたい!」という熱量や真剣さは受け入れ側のサロンも見ています。
自身に希望する条件がある場合は、真剣に取り組む姿勢を示した上で、交渉に望むことが必要でしょう。

とは、言うものの、実際アイリストで転職の相談に来られる方の50%以上は未経験者です。
これからスタートするという方も少なく無い業界だと思いますので、この記事が何かの参考になれば幸いです。

もし、情報収集や転職活動に悩んだら、まずはキレイビズまでお気軽にご相談ください。
豊富な経験を持ったエージェントがご相談に乗らせていただきます。

▼キレイビズについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。▼

キレイビズについて詳しく知りたい方へ|美容業界専門の求人情報サイト

2019.01.09
kireibiz

ABOUTこの記事をかいた人

キレイビズ編集部

キレイビズメディアの編集部です。 美容師(美容室)の求人やアイリスト、理容師(理容室)の求人なら「キレイビズ」にお任せ!他にもネイリストやエステティシャンなど美容業界の求人を多数掲載している求人サイトです。 キレイビズに寄せられる美容業界の様々な情報をメディアを通じて発信しています。