まつ毛パーマがブーム再来で大注目!まつエクとの違いや特徴を紹介します!

毎日のオシャレに欠かせないのが、目元のメイク。
目は顔の印象を大きく左右する部分でもありますので、特にアイメイクは念入りにしている人も
多いのではないでしょうか?

アイメイクにも、「付けまつ毛」や「まつ毛エクステ」など、様々な種類がありますが、中でも最近ブームになっているのが「まつ毛パーマ」です。
まつ毛パーマは、自まつ毛に直接パーマをかけるので、ナチュラルに綺麗な目元を演出することができるので、最近では、まつエクと同じようにサロン内で人気なメニューとなっております。

そんなまつ毛パーマですが、一体どのような特徴があるのでしょうか?
今回は、まつ毛パーマとまつエクを比較した際のメリットとデメリットについて紹介していきます。
まつ毛パーマをしようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

まつ毛パーマとは

まつ毛パーマとは、自分のまつ毛に専用のパーマ液を使用し、ロッドやビューラーでまつ毛をカールさせる施術のことです。
「まつエク」や「付けまつ毛」に比べて派手すぎず、自然な仕上がりにできることが大きな特徴です。

また、まつ毛パーマは一度施術することで、毎日のメイクの際にビューラーを使用する必要がなくなるので、忙しい朝でのメイク時間の短縮や、毎日のメイクでのストレス軽減にもつながります。
まつ毛パーマは、マツエクよりも料金が比較的安く提供されておりますので、最近では、ますます人気が高まっています。

まつ毛パーマとまつ毛エクステの違い

まつ毛パーマ以外にまつ毛のオシャレとして有名なのが、まつエクです。
まつエクとは、まつ毛エクステンションの略であり、自分のまつ毛一本一本に人工のまつ毛を接着剤で装着していく施術のことをいいます。
施術のイメージとしては付けまつ毛とも似ていますが、まつ毛エクステンションは毎回のメイクで取り外す必要がなく、2週間以上も装着し続けることができます。

また、装着するエクステの種類は、自分の好みに合わせて選ぶことができます。長さや太さ、本数に加え、ナチュラル系やセレブ系といった多彩なデザインの中から、あなたのお気に入りのまつ毛を演出することができるのです。
まつエクの施術は、まつ毛サロンで行うことができ、サロンによって料金は様々です。中には、まつエク付け放題というサービスなどもあります。

ここまで、まつ毛パーマとまつエクについてそれぞれ紹介しましたが、1番の違いとしては、自分のまつ毛を活かしてカールさせるのが「まつ毛パーマ」、まつ毛をエクステによって増やす施術が「まつ毛エクステ」となります。
自分のまつ毛をナチュラルに演出させたいのならまつ毛パーマを、とにかくまつ毛にボリューム感が欲しいならまつエクをオススメします。

まつ毛パーマはどこでできるの?

では一体、まつ毛パーマはどこに行けば施術してもらうことができるのでしょうか?
基本的には、まつ毛パーマ専門店で施術することができますが、近くに専門店がない場合は、まつエクサロンやトータルビューティーサロンなどでもまつ毛パーマを併用しているお店が増えていますので、様々な場所で施術を受けることができますよ。

ただし、まつ毛パーマを受ける際に1つだけ注意していただきたいことがあります。
それは、ちゃんとしたアイリスト(まつ毛パーマやまつエクの専門家)がいるお店で施術することです。
実は、少し前までは、まつ毛パーマは無資格でもできることから、施術・接客レベルが低下し、トラブルが続出していました。

この問題を受けて、2008年3月7日に厚生労働省からの通達により、アイリストには美容師免許が必須になったのです。そのため、まつ毛パーマは美容師免許を取得している美容師でなければ施術することができません。
現在では、無資格で施術しているサロンは存在しないとは思いますが、まつ毛パーマは目の周りのデリケートな部分の施術になりますので、アイリストの資格や実績もよく確認しておくといいと思いますよ。

まつ毛パーマの値段について

さて、気になるまつ毛パーマの値段に関してですが、ピンからキリまであり、約3000円~10000円くらいが相場といわれております。
もちろん、安いから悪い、高いから良いというわけではありませんが、サロンを予約する前にはレビューやカウンセリングの有無を確認しておくことをオススメします。

まつ毛パーマにかかる時間は?

まつ毛パーマは、一回の施術で約30分〜1時間程度かかるのが一般的です。
事前にカウンセリングなどがある場合はプラスで時間がかかるので、1時間程度はみておきましょう。

まつ毛パーマのメリットとデメリット

次に、まつ毛パーマのメリットとデメリットを紹介していきます。
今回は、同じくまつ毛のオシャレとしてメジャーなまつエクと比較していきますね。

まつ毛パーマのメリット

①メイク時間が短縮できる
まつ毛パーマの1番のメリットは、やはり、毎日のメイク時間が大きく短縮できることです。メイクの中でも、特にアイメイクは時間も手間もかかりますよね。

まつ毛パーマをかけていれば、ビューラーでまつ毛をカールさせる必要もありませんし、さらには、ビューラーの使用によるまつ毛へのダメージの蓄積も減らすことができます。
また、まつ毛パーマによりアイメイクがよりナチュラルに仕上がりますので、毎朝の忙しいメイク時間を大きく短縮して、今よりも余裕のある朝の時間を過ごせますよ。

②ナチュラルなメイクに仕上がる
まつ毛パーマは、目に違和感がないことも大きなメリットです。というのも、まつエクでは毛量をかなり増やすので、元々のまつ毛に比べると派手すぎたり、少し不自然なまつ毛の印象を与えてしまうこともあります。

しかし、まつ毛パーマは“自分のまつ毛”に施術してカールさせるだけなので、まつエクよりもナチュラルな仕上がりにすることができます。

最近は、まつ毛の「抜け感」というワードが注目されており、自然でナチュラルに近いメイクが好まれる傾向にあることから、まつエクより自然に仕上がるまつ毛パーマが注目されています。

③どんなメイク落としでも使えるので、お手入れが簡単
まつ毛パーマは、まつエクと違ってどんなクレンジングオイルでも使えます。まつエクは、接着剤を使用した部分がクレンジングオイルと相性が悪く、メイク落としの際には、まつエクでも使用可能なオイルでなければならないので、少々手間がかかってしまいます。

まつ毛パーマであれば、まつ毛を直接カールさせているので、どんなクレンジングオイルや化粧品でも使用が可能です。
普段から使っているお気に入りのメイク用品をわざわざ買い換える必要もないので、まつ毛パーマはお手入れが簡単です。

④すっぴんでも目元が浮かない
元々自分のまつ毛をカールさせているので、すっぴんでも目元が浮きません。
まつエクですと、毛量が元のまつ毛よりもかなり増えているので、他にメイクをしていないと目元が浮いてしまうこともありますが、まつ毛をカールさせただけのまつ毛パーマであれば、不自然に浮くことはありません。

まつ毛パーマのデメリット

①パーマ液との相性が悪い場合がある
まつ毛パーマで使用するパーマ液との相性が悪い人もいます。そのため、施術中にしっかりまつ毛にパーマ液がかからなかったりして、不自然な仕上がりになってしまうこともあります。

そうならないためにも、事前のカウンセリングでパーマ液との相性や薬品アレルギーについてもしっかりと確認しておきましょう。

②まつ毛が生えてくると不揃いになる
まつ毛パーマは、自分のまつ毛に直接パーマをかけますが、施術してしばらく経ってからまつ毛が生えたり、伸びてくることで長さが不揃いになり、見た目が悪くなってしまうこともあります。

③まつ毛への負担が大きい
直接まつ毛にパーマをかけているために、パーマ液やパーマの際の熱によってまつ毛自体にダメージが蓄積されてしまうことも、まつ毛パーマの大きなデメリットです。

毎日のビューラーやマスカラに比べればダメージは少ないものの、まつ毛パーマは決して負担が全くないというわけではありません。
ですので、まつ毛をあまり痛めたくはないという方にはオススメできません。

④自分のまつ毛以上の長さは得られない
まつ毛パーマは、まつエクのように元々あるまつ毛以上には伸ばすことができないので、今あるまつ毛以上の長さやボリュームを与えることはできません。

施術したらどの様な感じのまつ毛に仕上がるのかは、事前のカウンセリングでしっかりとアイリストさんに確認しておきましょう。

まつ毛パーマをして、ナチュラルで綺麗な目元に!

今回は、まつ毛パーマについて紹介しました。

まつ毛パーマは、自分のまつ毛に直接パーマをかけるので、朝のメイク時間を短縮できたり、ナチュラルな目元に仕上げることができます。
まつエクと比較しても、すっぴんでも不自然な印象を与えることがありませんし、また、毎日のお手入れが簡単にできますので、目元が少し物足りないなと思う方にはオススメです。

まつ毛パーマが気になる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アイリストのキャリアの一つにまつ毛パーマに挑戦されたい方

まつ毛エクステを中心としてきたサロンの中にも、まつ毛パーマをメニューに取り入れるサロンが増えて来ています。
これから学びたい!という方の受け入れ先も多く出てきているので、新しい技術を身に付けたいアイリストにもオススメです。

まつ毛パーマが施術できるサロンへの転職や就職をお考えの方はキレイビズまでご相談ください。
数多く集まる求人情報の中から、あなたにぴったりのサロンをご紹介します。

キレイビズへのお問い合わせは下記フォームよりお気軽にどうぞ。追って担当者よりご連絡させていただきます。
印は入力必須項目です。お電話でのお問合せはこちらからどうぞ 0120-431-866
お名前
フリガナ
電話番号(携帯可) - -
メールアドレス
問い合わせ種類
問い合わせ内容
kireibiz