美容師の仕事は“お客様を喜ばすこと”。他喜力をもった人であって欲しい|八尾の美容室meetsの魅力

大阪府八尾市に店舗を構え、地域に密着しながら日々成長と挑戦を続けているサロンがあります。

サロンの名前は「meets+(ミーツ)」。

「人が集まる場所、人と人が出会う場所」というコンセプトを掲げ、人とのご縁を大切にされている美容室です。

「ゲストの人生に寄り添う、美のライフパートナーであり続けること」を経営理念に掲げ、小さなお子様から高齢の方まで、幅広い年代の方から愛されているサロンです。

「私の考えでは、美容師の仕事は”お客様を喜ばすこと”。ただ髪を切るだけの仕事では無いと思うんです。meets+で働く美容師は、お店のインテリアやBGM、空間に始まり、お客様と関わる時間の全てをデザインできる美容師であって欲しいと想っています。」とインタビューで話された中谷オーナー。

2017年に伺った取材から1年を経て、どのような進化と成長を遂げているのか取材を行いました。

▼こちらの記事も合わせてお読みください▼

圧倒的オンリーワンを目指す!八尾を愛する美容室「meets」の挑戦

2017.04.05

 

人生に寄り添う美のライフパートナーを目指して

キレイビズ
2017年にmeets+を取材させていただいた時は、これから様々な事業を展開されていくタイミングだったかと思います。当時から約1年経ち、どのように進化されたのか、本日は伺っていきたいと思います。
よろしくお願いします。
まず、伺いたいのが前回の取材時に「HANANINGEN(花人間)」という取り組みを新しい事業として取り入れると聞いていましたが、事業の進捗はいかがでしょうか?
中谷
2017年の夏、サロンの横にHANANINGEN専属の撮影スタジオをオープンしました。大阪ではmeets+しかおこなっていない取り組みですので、TVやメディアの方も取材に来られ徐々に認知は広がってきています。
Instagramも立ち上げ、撮影した写真をアップしているので、写真を見てお問い合わせをいただくこともありますね。
キレイビズ
HANANINGENには、どのような動機で来店される方が多いのでしょう?

中谷
花に興味がある人や花が好きな人が多いですね。SNS(主にInstagram)で知り興味をもったという人も最近は増えてきました。
あと、たまにあるのが「
プレゼント」です。

 

キレイビズ
プレゼントと言いますと?

中谷
誕生日や結婚記念日などの節目に、「体験型のプレゼント」として、HANANINGENをプレゼントしたいというご依頼を頂くことがあるんですよ。女性だけでなく、男性も一緒にHANANINGENになるなど、普段は中々出来ない体験に価値を感じていただいています。

▼結婚記念日に夫婦で撮影されたHANANINGEN(公式Instagramより)▼

hananingen_osakaさん(@hananingen_osaka)がシェアした投稿

キレイビズ
HANANINGENを体験されたお客様はどのような反応をされますか?

中谷
まずは何よりも「楽しい!」というお声をいただきますね。
お店に入り、お花を選んでもらうことに始まり、メインとなる一輪の花が決まり、発芽(HANANINGENでは、飾り付けることを「発芽」と呼びます。)させ、一つの作品が完成する。
その
90分〜120分という時間に価値を感じてもらえる人に喜ばれています。

おばあちゃんとお孫さんで一緒に写真を撮ったり、お子様の2分の1成人を記念して撮影したり、HANANINGENの写真を遺影に使いたいというメモリアル撮影のご要望などをいただくこともあります。

▼お子様の2分の1成人(10歳)を記念して撮影されたHANANINGEN(公式Instagramより)▼

hananingen_osakaさん(@hananingen_osaka)がシェアした投稿

美容師の仕事は”お客様を喜ばすこと”。髪を切るだけが仕事じゃない。

キレイビズ
一見すると、HANANINGENのような取り組みは、「美容師」とは少し違うジャンルの仕事の様に思います。meets+で敢えて取り組まれている理由はなぜなのでしょうか?

中谷
meets+の経営理念に掲げていることは、「ゲストの人生に寄り添う、美のライフパートナーであり続ける」ということです。それを実現するために私たちは仕事をしています。
ですので、どうすればもっとお客様に寄り添える場を作れるか?というのは常に考えていまして、波及して行き着いたのがHANANINGENです。

もっと言うと、美容師の仕事が“髪を切ること”だけでは古いと思っているんです。
美容師は一人の“デザイナー”であって、髪を切ること自体はデザインを表現する一つのツールに過ぎません。
根底にあるのは、お客様を喜ばしたい・綺麗にしたいという想いです。

ですのでmeets+では、「美容師の仕事って髪を切るだけではないよ」って伝えています。
お客様に喜んでいただけることや価値を感じて頂けることは全て美容師の仕事だと思っています。

髪を切ることだけでなく、「どのような空間にすればお客様が喜ぶのか?」「どのような空気を作ればもっとリラックスしていただけるのか?」という考える文化を作っています。
それが、meets+の軸になればいいなと思っています。
meets+らしさって何?と聞かれるとしたら、未来を創作するエンターテイナーであるって言いますね。

キレイビズ
中谷オーナー自身が心がけていることはありますか?

中谷
“柔軟さ”ですかね。一つのことに捕われず、常に創作するという感覚です。
これは、meets+のスタッフにも話すことなのですが、「自由」でいいと思うんですよ。
自分の人生ですし、どうせ生きるなら好きな事をしていた方が楽しいですよね。
だから、柔軟に新しいことも取り入れますし、チャレンジもします。

 

キレイビズ
HANANINGENの他には、アイラッシュメニューも展開されると昨年話されていましたが、アイラッシュの方はいかがでしょう?

中谷
アイラッシュもオープンしましたよ。
カットで来られているお客様を中心に案内していまして、ベッド1台ですが、今のところ順調に集客は出来ています。
次、出店する時は大きめのスペースを作ろうかなと考えています。

 

キレイビズ
店舗展開も考えられていますか

中谷
今は、来年(2019年)の出店を目標に動いています。

 

培って欲しい力は「他喜力」。目の前の人を笑顔にさせることに喜びを感じて欲しい

キレイビズ
meets+で働くスタッフには、どのような資質を求めますか?

中谷
私は、meets+に来たお客様は、皆さん笑顔で帰って欲しいんです。
meets+に来れば「楽しい気分になれる!」「幸せな気分になれる!」と、お客様に感じて頂き、笑顔になれる場にしていきたいと思っています。
ですので、他人を喜ばす力=「他喜力(たきりょく)」と私は呼んでいるのですが、他喜力を持ったスタッフを育てたいですし、増やしていきたいです。
特に新卒の方を採用する時には、この想いに共感してもらえるかどうかを大事にしています。

 

キレイビズ
「meets+」というサロンの名前は、どのような意味を込めてつくったのですか?

中谷
「meet」は「出会う」という意味。そこに「+」を書くことで、「出会いを足していく」という意味があります。
人との出会いは一期一会、一つの出会いを大切に、一人のお客様を大切に、一人のスタッフを大切に。
meets+で様々な出会いが生まれ、
人が集まるサロンにしていきたいという意味を込めて名付けました。

 

キレイビズ
次の展開はどのようにお考えですか?

中谷
出店したいですね。何か次の目標やゴールがあるかないかでスタッフも日々の行動が変わってくると思うので、皆んなにも伝えながら出店を目指したいと思っています。

キレイビズ
ありがとうございました。

スタッフ紹介

スタイリスト 中森望友(みゆ)さん

キレイビズ
入社して何年になりますか?

中森
2017年の10月に入社したので約9ヶ月が経ったところです。
美容師歴は7年ありますので、スタイリストとして入社しました。

 

キレイビズ
転職のきっかけは?

中森
前のサロンには6年以上在籍していたのですが、違うお店の空気感に触れステップアップしたいと思い転職を決めたことがきっかけです。
転職先を探している時に、たまたまお客さんとしてmeets+に来店したことが中谷オーナーとの出会いでした。
カットしてもらいながら転職活動中というお話をしていたのですが、後日、オーナーから直筆のお手紙をいただき、それをきっかけに
受けてみようかなと思いました。

 

キレイビズ
meets+で1年弱働いてどのようなサロンだと感じますか?

中森
新しいことを取り入れたり、スタッフの意見を聞いたり、積極的に講習に参加したり、オーナー自身がどんどん挑戦される方です。
その姿は凄いなと感じますし、私も真似しようと思います。

今の時代って、お客様も情報通になり、目が肥えています。ですので、新しいものを取り入れていかないと飽きられてしまうと思うんですよね。
その点でmeets+は積極的に新しいことを取り入れているサロンですし、それは良いところなのかなと感じます。

また、「自分の良いところや強みを伸ばしいこう」という会社の方針ですので、何か挑戦したいと話すと「やろうよ!」と前向きにお返事をいただけます。
私の場合だと着物の着付けです。着付けができるとオーナーに話していたので、お客様から「着物を着たい」と要望があった時には対応させてもらえるようになりました。
好きなことや得意なことを仕事に取り入れて頂けることは凄く嬉しいですし楽しいです。
個人で経営されているサロンは保守的なところも多いと聞く中で、柔軟なサロンですし、ありがたい環境です。

 

キレイビズ
これからの目標は?

中森
教育できる人材を目指しています。
後輩もできてきて、まとめる力が必要になってきたので身につけていきたいですね。

 

まとめ

地域から愛され、幅広い年代の方から指示されているmeets+の魅力をオーナーとスタッフから聞いていきました。
様々なことに挑戦しながらも軸がぶれないmeets+。
サロン名に込められたように、様々な人が集まり笑顔が生まれる場となり、“他喜力”溢れるスタッフが日々挑戦されている美容師にとっても魅力的なサロンです。

これから店舗展開を目指す上で、一緒に働くスタッフを募集中です。
デザイン力やホスピタリティを磨きたい!と考えている美容師にはまさにうってつけのサロンかと思います。
ご興味を持たれた方は下記からお問い合わせください。

 

kireibiz