離職人数は述べ1人!圧倒的なESと攻撃型店舗展開で成長を続ける「lucia」の魅力とは?

大阪梅田を中心に5店舗展開する業務委託サロン「 lucia(ルシア)」。
「究極のES×攻撃型店舗展開」をテーマに掲げ、超速スピードで店舗展開を続け急成長しています。

「究極のES」と掲げるように、従業員満足度を追求した結果、2016年8月の創業からこれまでの退職者はわずか1人という「働きやすい」と評価の高が高いサロンです。

2019年の夏には新たに2店舗(奈良・東三国)の出店が決まっており、創業から8年で100店舗という目標を達成するために企業を支える仲間を募集されています。
今回は、luciaの井上オーナーと、マネージャー、スタイリストの3名からluciaの魅力について話を聞きました。

luciaが一番大切にしていること

–井上オーナーがサロンを経営する上で一番大切にしていることを教えてください。

井上:長く続けられる会社やサロンであることを一番考えています。
美容業界で、なおかつ業務委託になると、ドライな人間関係な上に入れ替わりが激しく、社歴が長いスタッフはあまりいないというサロンが多いです。
確かに、個人事業主という雇用の関係じゃないので、お互いが必要以上に干渉しなくなる気持ちもわかるのですが、僕はそのスタイルは合っていないなと感じていました。

せっかく来たんだから一緒にやろうよ!と、思うんですよね。
だからこのluciaでは、長く続けられる職場にするためにどうしたらいいかを常に考えています。

 

–それを具体的に形しているのは、どのような制度や仕組みでしょうか?

井上:制度は色々ありますが、男性の場合はキャリアプランを明確に示すこと。
例えば、「マネージャーコース」と「独立コース」と呼んでいる制度があります。

マネージャーコースでは、複数の店舗を見てマネジメントができる人材に育つことを目指し、独立コースでは、業務委託から面貸し制度に移行して歩合を良くし、資金を貯めやすくして、独立へ向けた手伝いをしています。独立コースの場合、内装業者なども紹介し、お店をオープンするまで惜しみなく協力しています。

その他にも、撮影を希望される方には、モデルを用意したり撮影費を出すこともありますし、セミナー情報を流したり、会社のイベントを増やしたり、一般的な業務委託サロンではやらないようなことを積極的にやっています。

僕自身が、24年間レギュラーサロンで勤めていたので、その時と遜色ないくらいの教育制度は用意しているつもりです。
人間関係も何もなく、「ただ、働かせている、働いている」というお金の関係だけにならないようにしています。

 

まだ、まだ作れてないのは、ママ美容師や子育て美容師の支援制度です。
女性に長く働き続けてもらうためには、必ず力を入れないといけないので、
どうやったらluciaで長く働いてもらえるか試行錯誤しているところです。

個人事業主なので、保険や保証がないじゃないですか?
だから、その分なるべく働きやすい職場環境をつくろうと考えています。

スタッフの一人一人が生き生きと働ける環境を何よりも大切にしているlucia

「働きやすい職場をつくる」転機は自身の経験。

–働きやすい職場をつくりを大切にしようと考えたきっかけや転機は何かあったのでしょうか?

井上:自分の経験ですね。

 

–どのような経験ですか?

井上:42歳のときに24年間務めた会社を辞めたんです。
そこには、24年の期間、一つの会社で続けられた理由、続けた理由と、24年間勤めていても変わらなかった自分や変えれなかった環境や風習があったんですね。

それを踏まえて考えると、結局自分がやりたい職場環境を実現するためには、自分でやった方が早いなとなり独立しました。
やりたいことは実現しながら、24年間続けられた、素晴らしい部分は残し、より良いものを作りあげていこうと思いました。

 

–続けられた理由とは何だったのでしょう?

井上:一言でいうと、人間関係です。
そこで働いていた人の人間力や人間味のある職場環境はすごく魅力的でした。
美容師としてだけでなく、人が生きていく上での大事さを学べる経験は、すごく大きくて、僕がその会社で長く仕事を続けるための大きな支えになっていました。

当時のサロンはレギュラーサロンだったので、レギュラーサロンとしての良さと、業務委託の良さを混ぜ合わせたようなサロンを作ることができれば面白いんじゃないかと思い、luciaを立ち上げました。

 

–業務委託サロンの良さとはなんでしょう?

井上:色々考え方はあると思いますが、僕の中では3つだけです。

まず、スタイリストの給料がいいこと。次に、一人のお客さんを全部自分でできること。最後に、休みや勤務時間に自由があること。

業務委託について掘り下げて考えると、メリットってこの3つで、他はレギュラーサロンの方が魅力的です。

幸い、創業時のメンバーが全員レギュラーサロン出身だったので、業務委託のことはよくわからず、人から聞いたことを真似事で始めていった結果、業務委託とレギュラーサロンの両方の良さを取り入れている会社になりました。
あまり、知らなかったことが良かったのかもしれません。

 

攻撃型の店舗展開。幹部候補の不足に悩む

–では、これからのサロン作りについて、ビジョンや課題について教えてください。

井上:luciaの強みは、店舗展開が早いこと。
新しい店舗が次々に生まれるので、キャリアアップのプランが明確です。

今は、2年半で5店舗の出店というペースでしたが、これをさらに加速させていきます。
2019年の夏には2店舗の出店が決まっているので、年内に7店舗になり、来年中には10店舗にしたいと思っています。

会社の経営方針としては、「究極のES×攻撃型店舗展開」をテーマにしています。
従業員満足度を追求しながら、積極的に店舗展開をしていき、チャンスを増やす。
守りと攻めの両輪を追求していこうと思っています。

 

課題の部分だと、店舗展開が早すぎて、幹部教育が追いついていないことがあります。
店長させれる人間が、まだいないので、今後、さらに店舗が増えると店長不在で運営していく店が増えそうです。
幹部教育を充実させ、任せられる人間をどのように育てていくかが今後の課題です。

 

–これまで辞めた方は少ないと聞きましたが?

井上:正直に人数を言うと創業からこれまでで、1人います。

業務委託なので社員という立場のスタッフはいませんが、レギュラーメンバーとして働いてくれた方で数えると、これまで1人です。まだ、40人ほどの規模感なので、この段階でやめる人が続出すると大きな問題ですが、今のところは皆さんほとんど働き続けてくれています。

 

–中には200万円を超える売り上げを作っている方もおられると聞きました。

井上:はい。います。
先に話した「独立コース」で独立を目指しながら働いてくれているスタッフですね。
この方も、入社時はジュニアスタイリストに毛が生えた程度で
セットやアレンジもできない状態でした。

それでも先輩に指導を受けながら、自分で考えて、アレンジをして努力を重ねていくと、技術が身につきお客さんもついてくるようになって、去年の12月に200万円を達成しました。

ほったらかしにすることなく、先輩も教えてくれる文化があるのは良いところかなと思います。

 

–「こんな人と働きたい」と、具体的なイメージはありますか?

井上:誰でもいいんですよね。
僕とマネージャーは、「来てから育てよう」と思っているので、基本的にNoと言いません。

まず来てもらい、luciaの文化や社風を体験してもらってから、理想の人材になるべく教育する。
意外と、「大丈夫かな?」と感じるような人が数年後には主力に成長してくれていたりするので、まずは来てもらうようにしていますね。

下手でもいいですし、実はカットできませんって人も過去にいましたから。笑

 

マネージャー|神谷直樹

–入社のきっかけを教えてください。

神谷:実は、このluciaを創業する前からオーナーとずっと一緒に働いていました。
付き合いの年数でいうと10年は超えています。
昔、僕が配属された店舗のFCオーナーをされていたのが井上オーナーでした。

 

–10年以上のお付き合いなのですね。
これまで、独立しようと考えたことは無かったのでしょうか?

神谷:10年あれば、思いましたよ。笑
それは、その時々でオーナーにも伝えています。

会社を辞めるとか、移動したいとかこれまで何度も相談してきましたが、その度に僕の想いや気持ちを汲み取ってくれて、やりたいことや僕が想い描いていることを形にしてもらって来ました。
それがあったので、ずっと井上オーナーと一緒に続けられているんだと思います。

僕が思い描いたことは形にし続けてくれている社長です。

 

–神谷さんがマネージャーという立場で大切にしていることはどんなことでしょう?

神谷:サロンの中での過ごし方って本当に十人十色で個人差がでるんですね。
がっつり仕事に入りたい人もいれば、自分のペースで働きたい人もいる。

ですので、一人一人が働きやすい環境を、その人にあわせてつくっていくことを大切にしています。
社長が話しているような、頑張りながらも長く働き続ける環境を作るためには、現場の気持ちがわかっている立場ってすごく大切になると思うので、そこを意識していますね。

美容師として充実した環境で、自分のペースで働きながら、お給料も取りつつも、休暇もきちんととれる。
そういうお店づくりが理想ですね。

 

–具体的に気をつけていることは?

神谷:スタッフ同士の人間関係とアクションを起こすスピードには気をつけています。
店舗同士でスタッフの関係が上手くいっているかどうかは気にかけますし、もしも、その人のプレイスタイルに合っていない場合は移動を決めたりします。

特に、何か問題が起きた時には、なるべく早くアクションを起こすと決めていて、その速さは大事にしていますね。

あとは、業務委託でありながらも人と人の繋がりは大事にしていきたいので、人間くささを消さず、ドライな関係にならないように気をつけています。

 

–この会社の一番の強みはどこでしょう?

神谷:一言でいうのは難しいんですが、あえていうなら「自分らしく働ける環境」かなと。
例えば、お給料をしっかり取りたい人には、なるべく多くのお客さんを担当につけられるようバックアップしますし、自分の好きなペースで働きたい人は、それを尊重します。

普通、業務委託サロンってお店の持っているキャパが最大になるよう働いてもらうことが多いと思うのですが、うちは、それはやっていません。

目指すはMade in lucia!アシスタントの育成に力を入れたい

–これからの目標はありますか?

神谷:今後のことだと、アシスタントを雇用したいなと思っています。
「メイドイン lucia」を作りたいです!

これまで業務委託でやってきたので、うちに来るスタイリストは基本的に他社から退社した方なんですね。
ですので、技術や考え方は一定のものをすでに持っている方がほとんどです。

これが、アシスタントとなると別です。
美容学校を卒業した新卒の美容師を一人でお客さんの対応ができるまでに育てることが求められますし、そこにはluciaの考えやマインドが入ります。
そうやって、オーナーや僕が思っている美容師の姿を形にしていける人を育て、スタイリストにデビューさせることは一つの大きな夢であり、目標です。

今はまだ話の中ですが、ゆくゆくは具体的に動き出していこうと思っています。

 

スタイリスト|松本菜奈子

–入社歴2ヶ月ということで、フレッシュなご意見を聞いていきたいと思います。
よろしくお願いします。
まず、転職活動をされた時にlucia以外にも色々とサロンを見られたと思います。
その中からここに決めた決め手はなんだったのでしょう?

松本:入社前に一度体験入社で働かせてもらったんです。
その時の雰囲気や働く人の様子をみて決めました。

 

–その決め手となったのは?

松本:一言でいうと「雰囲気」。具体的にと言われると難しいのですが。。
もう1店迷っていたサロンがあり、そことの比較にはなっていました。

最終的な決め手は、業務委託っぽく無いところが良いなと思ったことかもしれません。
オーナーがSNSのタイムラインでスタッフ同士が交流している様子を流していたり、私は歴がまだ浅いので不安な技術は店長がレッスンを見てくれたり、委託っぽくない人間関係に引かれました。

また、前の店舗は入客量は多くなかったので、業務委託サロンに行くならしっかりとお客さんが来るところが良いと思っていました。

 

–実際にはどうなりましたか?

松本:こんな来るんやと思うぐらいお客様には来店いただいています。
自分のペースで休みもとって働きながら、1ヶ月150人ぐらいの担当をさせてもらっています。

–入社時に想い描いていたイメージとのギャップはありましたか?

松本:個人事業主なんで、サバサバしてるとか思っていましたが、全然そうじゃないのは良かったです。
委託サロンは初めてだったので、安心しました。

友人や先輩の話を聞いていると、技術を教えてくれるとか、あまり無いと聞いていたので、イメージと違って良かったです!

 

–改善してほしいところはありますか?

松本:今現在はないですね。

 

–これからの目標は?

松本:結婚して、子どもが産まれても、美容師はずっと続けていきたいと思っています。
この会社が家庭に入っても続けていけるような環境になっていってくれると嬉しいです。

 

–最後にこの記事を読んだ人へのメッセージをお願いします。

松本:私自身、すごく歴が浅く、美容師になってまだ3年しかたっていません。
この会社に入った2月当初も、まだジュニアスタイリストでできない技術もありました。

ですが、ここに入ってからの2ヶ月ですごく成長できたと感じています。
不安な技術があっても丁寧に教えていただけますし、どんな人でもきっと成長できる環境です。

一緒に働けることを楽しみにしています!

 

まとめ

離職人数1名という従業員満足度でありながら、幹部教育の追いつかないほどの超スピードで展開を続けるlucia。

まだまだ成長途上のサロンですが、経験の有無に関係なく活躍できる環境が整っています。

業務委託のスタイリストとして、これから第一歩目を踏み出したい方。
自分の店舗を構えて独立を目指しながら経験を積みたい方。
組織を牽引する幹部候補として、マネジメント職を含めた第一線で活躍したい方。

どんな美容師にも自信をもってオススメできるサロンです。

井上オーナーも、「まずは、一度、相談に来て欲しい。お酒でも飲みながら色々話しましょう!」と話されており、気軽に相談を受け付けられているアットホームなサロンです。

luciaでの仕事や働き方にご興味を持たれた方は、キレイビズまでお気軽にご相談ください。

 

luciaグループでは現在下記の店舗で求人を募集しています

・hair and make lucia 梅田茶屋町店
・Hair & make Lamp
・hair&make krest 梅田茶屋町店
・LUCIA KYOTO
さらに、梅田、奈良、東三国にも出店を予定しています!

ご興味のある方は、下記フォームからお問い合わせください。

キレイビズへのお問い合わせは下記フォームよりお気軽にどうぞ。追って担当者よりご連絡させていただきます。
印は入力必須項目です。お電話でのお問合せはこちらからどうぞ 0120-431-866
お名前
フリガナ
電話番号(携帯可) - -
メールアドレス
問い合わせ種類
問い合わせ内容

kireibiz

ABOUTこの記事をかいた人

oshima-kazunari

美容師さん・アイリストさんの業種を担当し、関東エリアを中心に幅広いエリアを対応しています。 一番は求職者様・サロン様目線に立ち、その時だけではなく将来や先を見据えた提案が得意です。 業界を盛り上げるために全力を尽くします。 美容業界でお困りの際は、是非ご相談ください。