スタッフの一体感が自慢!切磋琢磨しながら成長できる美容室「bifino」「FRISEUR」

兵庫県で、美容室ブランド「bifino(ビフィーノ)」と理容室ブランド「FRISEUR(フリゼ―ア)」を展開する小牧グループ。

美容と理容、それぞれの良さを取り入れた確かな技術と、お客様と近い距離で関わるアットホームな雰囲気が魅力のサロンです。

また、お客様だけでなく働くスタッフ同士の距離感も近く、公私にわたり付き合いがあるほどの良い関係性を築かれています。

スタッフ全員が、真心をもって「一人はみんなのために、みんなは一人のために」ということを大切にしているからこそ、楽しく成長できる環境が実現できているのだと思います。

今回は、「bifino」「FRISEUR」の魅力を紹介していきます。

 

自然体でコミュニケーションがとれる環境づくりがスタッフの成長につながる!「bifino」「FRISEUR」の魅力

はじめに、小牧グループ統括本部長の三輪さんに「bifino」「FRISEUR」のこだわりや強みを聞いてきました。

「bifino」「FRISEUR」のこだわりを教えてください

一つは技術です。技術職である以上、これは絶対にはずせないものだと思います。

そして、もう一つは理念です。理念を大切にして人を育てる。そして自分たち(会社)も育っていくことが一番のこだわりです。

理念は、「真心」という大きなスローガンがあって、そこに「一人はみんなのために、みんなは一人のために」というテーマを掲げています。

その言葉通り、スタッフ同士でサポートし合いながら、みんなで切磋琢磨していこうというイメージを持ってくれていると感じます。

 

どんなスタッフが多いですか?

スタッフみんなが優しくて、周りのスタッフのことを考えてくれるし、先輩・後輩の垣根が低くて自然体でコミュニケーションがとれていると感じます。

休みの日にスタッフ同士で遊びに行くことも多く、オン・オフを共有できているのが一つの特長かなと思います。

美容師の仕事は、もともとスタッフ同士で一緒にいる時間が多い中で、休日もさらに一緒に遊びに行くというのはすごいことだと思います。

あとは、ミーティングで意見をぶつけ合える、後輩が先輩に相談に行ける。というように、コミュニケーションをとりやすい環境ができているのは、スタッフみんなの優しさがあるから実現できていると思います。

 

教育面で大切にしていることを教えてください

今は、スタッフの人数も増えてきたので、なるべく仕組み化して早くスタイリストデビューできる環境を整えたいと思っています。

会社内の技術教育チームに入っているスタッフと教育の仕組みづくりをして、デビューまでのスピードアップと質の向上を目指しています。

また仕組みだけでなく、普段の関わりの中で自然と教育をする風土があるので、レッスンの時間以外も成長できるお店づくりをしています。

これからもスタッフ教育に関しては、自分たちが先輩にしてもらって良かったと思うことをそのまま自分の後輩にしていきながら、その中で仕組みや考え方をどんどんアップデートしていきたいです。

 

理容と美容、それぞれのブランドを展開している強みとは?

まず、理容師の仕事の細かさであったり職人気質なところが理容師ならでは特長かなと思います。

そういう「職人気質な理容」と「自由な発想でデザインする美容」のお互いの良さを共有できているのが強みです。

職人という目線でベースの技術教育をすることで、一つ一つの細かい技術のこだわりをイズムとして伝えられています。

僕自身が、理容の良さと美容の良さの両方を知ることができたので、今後も会社として理容師・美容師どちらの技術も学べる環境を提供できるはすごく良いことだと思っています。

 

今後の展望を教えてください

2025年で、15店舗で従業員180人くらいの規模実現を目標の指標として掲げています。

ただ一番大切なのは、なぜそこを目指すのかだと思っています。まず、それくらいの規模にならないとこれからの美容業界で生き残っていくのが厳しいだろうというのが一つの理由です。

今いるスタッフが一生美容師として楽しく働いて、美容という仕事を通じて生きていけることを考えると、スケールメリットを作っていく必要があると感じています。

また、ある程度の規模があることでスタッフのやりたいことを叶えやすくなると思うんです。

僕の大きなテーマは「夢の共有」なので、今後スタッフみんなの夢を共有できる会社づくりをしていきたいと思っています。

これからの時代、日本の社会自体が複雑に変わっていくことも予想され、今話題となっているAIやIoTなどの時代が進んでいく中で、あらためて僕らのような人に対して指先を使ってやる仕事の価値が見直されていくんじゃないかと思っています。

美容という仕事を通じて世の中の人が元気になって輝かせることが僕たちのミッションだと感じています。

世の中の変化に対応しながら、業界をリードできる会社にしていきたいです。

 

スタッフの声

ここからは実際に働くスタッフさんにサロンの魅力を聞いてきました。

「FRISEUR」スタイリスト・原田さん

―「FRISEUR」で働き始めたきっかけは?

もともとお客さんとして「FRISEUR」に通っていて、高校生のときに担当してくれていたスタイリストさんに憧れて「髪に携わる仕事がしたい」と思いました。

そして、担当スタイリストさんにこのお店のオーナーを紹介してもらいました。

ただ、両親が美容業界で働くことに対して猛反対していたので、はじめは親に言わずに内緒で入りました。入ってしまえば何とかなるだろうと思って決断したのがきっかけで今があります。

 

―「FRISEUR」の良いところは?

まずは、スタッフの関係性が良いところです。

仕事で話すのは当然ですが、プライベートでも交流があるというのが一つの特長だと思います。ただ仲が良いだけではなく、本気で怒ってくださる先輩がいるのも自慢できるところです。

あとは、勉強しやすい環境が整っているのも良いところだと思います。

行きたい講習や勉強会があるときにはスタッフが休みを変えてくれたり、費用を会社が負担してくださるので、外部講習などにとても行きやすいです。

僕は勉強することが好きなので、すごくありがたい環境だと思っています。

 

―今後の目標は?

今の一番の目標は、「FRISEUR」の2号店を出すことです。

 

「bifino」スタイリスト・西井さん

―「bifino」で働き始めたきっかけは?

店舗研修に行く先を考えているときに、働き始めたら自立したいと思っていたので、寮のある美容室を希望しました。

そのときにこのお店を紹介していただいて研修に行かせていただき、お店の印象がすごく良かったです。

スタッフのみなさんからいろんな声をかけていただいたり、研修生にも関わらず練習させていただいたりとか、すごく温かく迎えていただきました。

先輩たちのお客様との関わり方を見ていてもすごく楽しそうで、それでけでお店の雰囲気が良いことが分かったので働きたいと思いました。

 

―「bifino」の良いところは?

レッスンの面で、先輩がすごく親身になって見てくださるところです。

私がアシスタントのときに夜遅くまでレッスンで残っていたときにも、先輩はいやな顔一つ見せずに付き合ってくださいました。

自分が先輩にそうしていただいたので、スタイリストになった今、後輩が入ってきたときに私も親身になって見てあげたいという気持ちになれています。

 

―今後の目標は?

去年出場したクリエイティブ系のコンテストで優勝できず悔しい思いをしたので、今年はそのコンテストで優勝したいです。

コンテストに出るからには、すべて優勝を目指してやりたいと思っています。

お店全体が積極的にコンテストに出場できる環境なので、高い目標を持って頑張りたいです。

 

「bifino」アシスタント・加藤さん

―「bifino」で働き始めたきっかけは?

その後、店舗見学をさせていただいたときに、お店の雰囲気がすごく良かったのが印象的でした。

もともとアットホームなお店を探していて、お客様との関わり方が気取らない感じで良い印象を受けました。

複数の店舗を見学させていただいたんですが、店舗ごとに特色があるところも良いなと思いました。

 

―「bifino」の良いところは?

まずは、スタッフが気取っていないところだと思います。お客様との距離が近くて話しやすい雰囲気が魅力です。

アシスタント目線でいうと、先輩たちがなんでも聞きやすい環境を作ってくれているのがありがたいことだと思います。

何でも相談しやすいですし、相談すれば細かいところまで徹底的に見てくれます。営業中でも、お客様が少ない時間帯はレッスンの時間をとってくれて丁寧に教えてくださるので、おかげでカリキュラムも早く終わりそうです。

本当に先輩に恵まれていて、プライベートでも一緒にディズニーランドに行ったりするくらい仲良くしてもらっています。月に1回会社全体で会議があるので、店舗が違う先輩ともプライベートで遊びに行くくらい仲が良いです。

私はあまりコミュニケーションをとるのが得意ではないので、先輩を見習って後輩と接することができるように頑張っています。

 

―今後の目標は?

私はもともと競うことが好きで、積極的にコンテストに出場しています。

去年・一昨年はシャンプー大会で2年連続優勝し、ワインディングのコンテストも入賞しました。

なので、今年の目標は「シャンプー大会3連覇」と「ワインディングのコンテストで優勝すること」です。

 

まとめ

今回は、美容室ブランド「bifino」と理容室ブランド「FRISEUR」を展開する小牧グループを紹介しました。

小牧グループは、向上心に溢れるスタッフさんばかりなので、自然と切磋琢磨できる環境です。

また、スタッフ同士の仲が良く、先輩に対しても気軽にコミュニケーションをとることができます。

理容・美容それぞれの良さを活かした技術力をベースに、時代の変化に柔軟に対応しながら常に成長し続けています。

仲間と切磋琢磨しながら成長したい人には特におすすめのサロンです。

 

「bifino」「FRISEUR」の詳しい求人条件は下記よりご確認ください。

「bifino Luce(ビフィーノ ルーチェ)」アシスタント求人

「FRISEUR(フリゼーア)」理容師求人

kireibiz

ABOUTこの記事をかいた人

yatougo-yoshiyuki

主に美容師さん、理容師さんを担当させて頂いています。日本全国どこでもお仕事探しをお手伝い致します!お話をお聞きするのが得意な聞き上手と言われます。先ずは何でも相談して下さったら嬉しいです!