アイリストは基本給が高い!?給料と年収の相場を求人掲載688件の情報から調べました!

これからアイリストを目指す人や美容師から転職を考えている人にとって給料の相場や収入のあげ方は気になりますよね!

美容師と比べると待遇が良く初任給も高いことが多いアイラッシュサロンですが、収入の相場やアイリストになってからの給料はどうやって上がっていくのでしょうか?

アイリストの収入の特徴としては

  • 基本給は美容師よりも高いことが多い
  • 新しい技術がうまれている業界である
  • 業務委託など、フリーランスとして働けるサロンは美容師に比べると少ない

という特徴があります。

そこで!

アイリストを志している人が気にしているであろう、給料の相場や年収について調べてみました。

※美容師からの転職を検討されている方はこちらの記事も参考にしてください。

美容師の給料と年収は?12,000店のサロン情報を参考に相場を調べ解説します!

2018.01.30

アイリスト経験者の平均年収と給料

まず、アイリストの平均年収です。

キレイビズ掲載サロンの平均をとると、平成28年のアイリストの平均年収は270〜310万円ほどになります。

これを給料に直すと、約23~26万円。これがアイリストの平均給料です。(経験年数や実績によって変動します。)

美容師の平均年収が287万円ほどなので、アイリストの方が少し高くなります。

給料は基本給+歩合で決まりますが、美容室では、どちらかというと歩合の割合を高く設定しているサロンが多いことに対し、アイラッシュサロンでは基本給を高く設定しているサロンが多いです。

※美容師の平均年収についての推移

アイリストの給料が高い理由

先ほど、美容師よりアイリストの方が給料が高い傾向にあると述べましたが、理由は3つあります。

  1. 業務委託のサロンが少ないこと
  2. 希少な技術が多いこと
  3. 商材費や必要経費が低いこと

それぞれ述べていきます。

その1:業務委託のサロンが少ない

美容室では最近「業務委託サロン」が増えてきています。

業務委託サロンの多くはカットの単価を下げて集客しやすくしており、そのようなサロンが増えることで周辺のサロンも値下げの影響が広まり、業界全体で価格が下落傾向にあります。

そうなると客単価も下がるので、集客に弱いスタイリストやアシスタントの給料は上がりにくくなります。

アイラッシュサロンでは、そのような業務委託やフリーランスのサロンはまだ多くありません。

そのため、比較的値下がりが起こりにくく、ある程度の客単価が見込める職種となります。

一人あたりの単価がとれるので、経験の浅いアイリストでも基本給は高く設定することができるのです。

その2:希少な技術が多い

マツゲエクステも日々進化しており、年々新しい技術が増えています。

  • アップワードラッシュ
  • グードラッシュ
  • ボリュームラッシュ

といったような新しい技術を導入できているサロンはまだまだ少数です。

新しい技術を身につけるために講習や勉強をおこなう必要があるものの、身につけてしまうと他のサロンとの差別化が可能です。

特に上記のような最新技術ができるアイリストになると、単価もUPするので給与につながりやすいです。

引用:神戸で新技術を導入しているサロン「Free`S eyelash

アイリストの給料体系

アイラッシュサロンは基本給が始めから比較的高めに設定されていることが多いので、転職したてのアイリストでも収入を上げやすくなります。

その反面、歩合の割合はフリーランスの美容師ほど高くはありません。

美容師と同じように一定のノルマを達成した場合に歩合が発生することはもちろんあります。

最終的な給料は、

  1. 一定のノルマがあり、ノルマを超えた場合の歩合
  2. 売り上げに対しての還元%

などによっても変動するので入客の人数や回転数も重要となります。

アシスタントアイリストの平均年収と給料

アシスタントとは、いわば「見習い」です。自分一人でお客様の施術ができない状態なので売上も立て辛く、一般的な会社の新入社員と同じような扱いとなります。

アシスタントの平均年収は170万円~220万円ほどで、仮に年収を200万円とした場合、給料は約16.6万円前後が相場となっています。

近年は最低賃金が少しづつ上がってきており、その流れもありアシスタントの初任給も数年前に比べると増加傾向にあります。

アシスタントアイリストが収入を増やすにはいち早くデビューすること

アイリストのアシスタント業務は、店舗でのカウンセリング業務や施術前のケアが中心となります。

早く一人前になり、お客様を一人で担当できるようになることは収入を増やすためには必須です。

そのためには経験と練習を重ね技術をみにつけなければなりません。

デビューまでの期間はサロンによって様々ですが、約3〜6ヶ月というサロンが多いです。

美容師と比べるとアシスタント期間は短く、早くデビューしやすいという点もアイリストの特徴の1つです。

昇格までの期間を早くするために、細かい研修制度を設けカリキュラムを組んでいるサロンやモデル集めのサポートを手あつく行うサロンもあります。

新しい技術を身につけることも収入をあげる一つの方法

先ほども述べたようにマツゲエクステは日々新しい技術が生まれています。

エクステに使用するマツゲが新しく開発されたり、新技術が海外から輸入されるなど日々進化している業界です。

日本に新しい技術が入ってきたときには技術取得の講習会や勉強会が開催されることも多いので、そのような場に積極的に参加していくこともキャリアアップの一つの方法です。

今後は、美容師と同じように「フリーランスのアイリスト」という仕事が増えてくることも考えられますし、業務委託のアイラッシュサロンなどもでてくることでしょう。

最終的には自分次第

このような言い方をしてしまうと当たり前だよ!と思われるかもしれませんが、アイリストが給料や年収をあげようと思えば、最後は「自分次第」になります。

自分の技術や接客力を上げることで、リピーターを増やしながら少しづつ指名のお客さんをつけていく。

そのための努力を惜しまず、コツコツと積み重ねていくことが収入をあげるためには必要です。

これからまだまだ変化していく業界であるだけに、情報に敏感になり自分自身をブランディングしていけるかどうかが大きな差となることでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

アイリストの年収と給料の相場について紹介していきました。

私たちキレイビズでは、今よりも収入を上げたいと考えているアイリストの転職支援を行なっています。

  • 「今よりも収入を上げるために転職を考えている!どこかいいサロンを紹介してほしい。」
  • 「早くデビューできるサロンはどこ?」
  • 「仕事もしながらプライベートの時間も充実させたい。条件面で相談にのってくれるサロンはどこ?」

などのように、アイリストの方からいただく様々な相談をもとに理想のサロンを探すお手伝いをしています。

求人や転職に悩まれた際は、お気軽にご連絡くださいね。

kireibiz